待機児童と保育士の問題について

どうぞよっていらんしぇ! > 就職 > 待機児童と保育士の問題について

待機児童と保育士の問題について

2014年12月11日(木曜日) テーマ:就職

最近待機児童と言う問題がよく聞かれます。

保育士が不足しているそうです。

保育士の試験は、合格率が10パーセントから20パーセントであり、なかなか合格できない難しい資格でもあります。

しかし、がんばって資格を取られる方もいらっしゃいます。

しかし資格をとって、保育士としてして仕事をして、やめられる人も多くいます。

保育士の仕事は、結構朝早いし、結構、精神力を使い体力を使う仕事なので、とてもきついということが挙げられます。

またそれに見合った報酬が少ないと言うことも関係していると思います。

以前保育士の、仕事としている人を知っているのですが、その人は今は事務系の仕事についていますが、こっちの方がとてもいいと言っていました。

保育士の仕事は、勿論子供はかわいくてとてもやりがいのある仕事だったけれど、お母さん方からの、いろいろな要望や、クレームが、とても多く、結構ストレスだって言っていました。

こういった声を国がもって、聞いてあげて、とても責任ある仕事なので、給料を改善してあげたらいいのになって、つくづく思います。

そしたら、徐々に待機児童の問題もなくなるように思います。

保育士求人正社員コムは、こちら



関連記事

待機児童と保育士の問題について

待機児童と保育士の問題について

2014年12月11日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)